作文教室(学習塾)様

「遊び」と「学び」は一緒

得意なものを見つけて集中すればグングン伸びていく

「遊び」と「学び」は一緒なのです。

いつも遊ぶものを探していますが、「箸タイム」は1年にひとつあるかないかの大ヒットでした。いろいろなゲームを取り寄せてやっていますが、多くは頭の良い子(=認知能力の優れている子)が勝ってしまいます。

この「箸タイム」は他のゲームでは気後れしてしまう子でも、指先を動かすことが秀でていたり新しいことを生み出すことに興味がある子も楽しめます。ピーナッツもつかみやすいので低学年でもイライラせず取り組めます。


ピーナッツとリングの組み合わせでいくつもの遊びができ、その中で得意なものを見つけて集中すればグングン伸びていくでしょう。

ここに通う子ども達に、自分で考えて楽しみをつくり上げていく力をつけてもらうことこそ大切な学びなのだと思います。


現場レポートはこちらをクリック。

株式会社 立命 代表取締役

あおぞら作文教室 塾長

眞野 玲子様

P9090776.jpg