• 小宮山

「箸ピー」と「箸りんぴっく」の夢②

Updated: Oct 2, 2020

箸ピーは「目・脳・手」のチームワーク

箸ピーは箸でカラ付ピーナッツを1分間で何個移動できるかを競う競技。箸りんぴっくは箸を使ったゲームの総称。


箸ピーは日本人の大人で、今のところ通常は50~90だが、今までの最高は119個(女性)と110個(男性)だ。


これは「見て、脳が判断の指令を出し、手が正しい力をスピーディーに動かす」の結果である。脳が手にスピードだけを要求すると取りこぼしが多くなり、悪い結果になる。いわば自分の「目・脳・手のチームワーク」が結果となって表われる。(③に続く)#箸雑記


<箸雑記一覧に戻る   次の話を読む>

7 views

Recent Posts

See All

「手長箸」の開発物語⑩

新たな用途開発とネーミングに挑戦中! 実がなるまであと数年 これで新デザインが完成し、量産化もできるようになった。この手長箸が世界中に広まり、便利な道具として役立ててもらえたらと思う。 しかし、商品として実がなるまでには、まだ考えなければいけないことがある。 ネーミングは「手長箸」でいいか? 「ビックリ写真撮影箸」のほうが良くはないか? この箸を販売できないか? 「販売ルート」はどうすればいいだろ

Copyright (C) 1998-2019 KOMY CO., LTD All Rights Reserved.

コミー株式会社

Copyright (C) KOMY CO., LTD All Rights Reserved.